季節感が菓子そのものの中にある

季節感が菓子そのものの中にある

葛の和菓子には、風鈴や打ち水と同じ、涼感を演出する感性が込められています。一例をあげると夏。

これら自体はさほど涼しくないとしましても、音や見た目で涼しさを感じようとする心が表われるものでしょう。夏になれば水の流れ、秋には紅葉の野山、冬には雪の静けさや木漏れ日の暖かさを表現した和菓子が登場します。

透き通った質感が水を思わせ、見るからに涼しげです。この葛の菓子は冷やして食べるものではありません。

常温で食べちゃってこそ葛のおいしさが味わえます。冷房を利かすよりも、その姿や風情から涼を感じとる。

葛はでんぷん質なので、冷やすと硬くなり、おいしさを失ってしまいましたとしてましているのです。そろそろ桜の便りが届くかなという頃になると、桜餅や桜の花をかたどった生菓子が並び、和菓子店に華やかな春の気配が漂います。

日本人が古くから大切にしてきた心の味わいのひとつといえましょう。風鈴のちりんちりんという慎ましい音色、打ち水をする習慣、絽の着物や浴衣。

日本ほど見事な四季に抱かれ、またそれを感じ取る文化を持つ国はなくなったのではないか。旬の素材を使うことはもちろんですけど、菓子そのものの中に季節感があるという点で、和菓子に並ぶ食品はないです。

夏になると葛を使った和菓子がつくられます。