和菓子に最も多く使われている材料

和菓子に最も多く使われている材料

白餡には、いんげん豆の仲間がよく使用されます。その中に「手亡(てぼう)」という種類があげられます。

いんげん豆の仲間は蔓を巻くため、支柱の‘手助け’が必要ですけど、手亡は半蔓性のため‘手がないとしましても何よりの’ためにこの名前が付けられています。白餡の材料には、ほかに大福(おおふく)豆、ふくしろ豆、白小豆などが使われている。

日本では古くから、丹い磁器小豆は魔を逾薙≧「陽力」がある食品として崇められてきた。おめでたいハレの日に赤飯を炊くのはこのたためだ。

小豆という表記は「大豆」との対比で生まれたものと考えられ、専門家の間では「ショウズ」と呼びますこともあるのです。そうして、その小豆の大半が和菓子の餡や、かの子豆(豆の形を残したまま甘く炊いた豆)に加工されているのです。

取り分け「小豆(あずき)」なしでは、和菓子を語ることはできない。殊に有名な産地は丹波、備中、北海道などで、一般的に流通してる国産小豆の約90%は北海道産です。

青えん如何にはうぐいす餡に、赤えんどんなふうにはまめ大福や豆かん、あんみつに欠かせません。和菓子にどれよりも多く使われている材料というならば、餡の材料となる豆類です。

「地小豆」という言葉があるように、小豆は全国的どこでも栽培可能です。